学校での環境の重要性

学校について覚えること

学校での絵の時間は大事です

学校での絵の時間はとても大事です。小学校の頃は誰しもが授業で学びますが、才能のない人にとっては無駄な時間に思えることがあります。しかし、実は情操教育という点と頭脳をバランス良く使うということで、なくてはならない時間なのです。情操教育という点は納得される人が多いはずですが、頭脳のバランスと言うのは、左脳と右脳を上手に使うということです。論理性を求める左脳と感覚性を磨く右脳のバランスを保てないと、大人になってから物事の判断などで偏りが生じてしまい、肝心なときにミスジャッジをしたり、方向性を誤るということになりかねません。たかが絵ですが、音楽とともに人にとってなくてはならないこととも言えます。

絵や花の多く飾られている環境

環境が人を創るといいますが、教育現場に置いて、環境は非常に大切な問題です。コンクリートの建物の中で、勉強をする子供達が、毎日を暮らする中に、知らず知らずのうちに、周囲の環境から受ける影響は、人となりを構築していく上で、重要になってきます。それは、どれだけ学校の中が整然とし、絵や花などが飾られているか。逆に雑然としている学校では、心の中がどれだけ荒れていくか。ちょっとの事でも、随分と、違いが出てくるものです。そんな、環境を作っていく事が教育の上に大きく関わっていくのであることを知っておきたいものです。

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 学校について覚えること. All rights reserved.